橋岡優輝と横浜流星が似てるか画像比較!イケメン走り幅跳び選手で話題!いとこも五輪出場!

陸上

橋岡優輝と横浜流星が似てるか画像比較!イケメン走り幅跳び選手プロフィール!いとこも五輪出場!

スポンサーリンク

橋岡優輝選手は、陸上の走り幅跳びの選手で見事東京オリンピックに出場を決めた選手。

橋岡優輝選手というと、その走り幅跳びの実力もそうなのですが、大会に出るたびに「イケメン!」「かっこいい〜」と話題に登る選手です。

最近では人気俳優ナンバー1の呼び声も高い、「横浜流星」さんと似ているという声も!

今回は、橋岡優輝と横浜流星が似てるか画像比較・検証をすると共に、いとこが同じく東京オリンピックに出場するという橋岡優輝さんのプロフィールや経歴などについてまとめました。

スポンサーリンク

橋岡優輝と横浜流星が似てるか画像比較!

陸上の走り幅跳びの橋岡優輝選手と俳優の横浜流星さんが似ているという声をよく目にします!

私も初めは、そんなイケメンが芸能界以外にいるはずない!と思ったのですが、実際に橋岡優輝選手の写真をみて、驚いて二度見しました!

スポーツ界にもいました!横浜流星さん級のイケメンが!

確かに俳優の横浜流星さんに似ています!

橋岡優輝選手と俳優の横浜流星さんの具体的にどこが似ているのかを画像比較していきたいと思います。

鼻を画像比較

橋岡優輝選手_横浜流星_鼻
画像引用元:左_産経、右_横浜流星公式インスタグラム

橋岡優輝選手と横浜流星さんの鼻ですが、細くて長くシュッと伸びているところが似ています。

小鼻が小さく収まっているところもとてもよく似ていますよね。

口元・唇を画像比較

橋岡優輝選手_横浜流星_口元・唇

橋岡優輝選手と横浜流星さんの口元・唇ですが、薄くて幅が広いところが似ていますよね。

口角の感じもそっくりです!

目・眉を画像比較

橋岡優輝選手_横浜流星_目
画像引用元:左_産経、右_クランクイン

涼しげな目元もとても似ていますが、強いていうと橋岡優輝選手の方が二重幅がしっかりしていますね。

橋岡優輝選手は二重、横浜流星さんは奥二重といったところでしょうか。

橋岡優輝選手も奥二重だったとしたら、これはもう本気で間違えるレベルで似てることになったのではないでしょうか!

眉毛の太さや角度もすごく似ていると思います!

輪郭を画像比較

橋岡優輝選手_横浜流星_輪郭
画像引用元:左_hanako、右_横浜流星公式インスタグラム

橋岡優輝選手と横浜流星さんの輪郭ですが、やはりスポーツ選手だけあって橋岡優輝選手の方が若干あごがしっかりしていますが、とても似ています。

あごが細ければ更に似てる度がアップしたと思います!

笑顔を画像比較

橋岡優輝選手_横浜流星_笑顔

橋岡優輝選手と横浜流星さんの笑顔ですが、口角の上がり方やほっぺたの上がり方まで似ていると思いませんか?

アンニュイなお顔立ちの二人の笑顔、もうズキュンとしますね!

東京オリンピックで、橋岡優輝選手の最高の笑顔を見るのが今から楽しみです。

横顔を画像比較

橋岡優輝選手_横浜流星_横顔
画像引用元:右_横浜流星公式インスタグラム

橋岡優輝選手と横浜流星さんの横顔ですが、横顔になると、あごの太さがわからなくなるので、輪郭のカーブもとても似ているのがわかりますね。

涼しげな目元もやっぱり似ていることがわかります!

引き締まった身体も似てる

橋岡優輝選手_横浜流星_腹筋
画像引用元:右_TVガイド

橋岡優輝選手と横浜流星さんの顔のパーツの画像比較で、2人がとても似ていることを検証してきましたが、なんと他にも似ている部分がありました!

それは鍛え上げられた肉体・筋肉です!

橋岡優輝選手は、当たり前ですが、陸上の走り幅跳びの選手でトップアスリートで、なんと体脂肪率は3%なんだそう。

一方、俳優の横浜流星さんは色白で細くてシュッとしているイメージがあるため、ひょろひょろしているのかなあと思いきや、幼い頃から空手に打ち込んできた空手少年で、極真空手世界一の実力の持ち主

インタビューでも下記の通りに答えてるくらい、本気で空手に取り込んでいたようです。

空手に打ち込んでいた頃はK-1に出ることを目標にしていたので、大学に通いつつ空手に通って…という道も考えました。

引用元:モデルプレス

陸上と空手ということで、屋外、屋内の違いがあるため、日焼け具合が違っていますが、二人ともお顔だけではなく、肉体まで美しいイケメンなのです。

橋岡優輝選手と横浜流星さんの体格を数値で比較して見ましょう。

橋岡優輝横浜流星
身長183cm174cm
体重77kg55kg(想定)
体脂肪率3%5%

一般に、健康的な男性の体脂肪率の目安は10〜19%

いかに、橋岡優輝選手と横浜流星さんが日々の鍛錬をこなされているかが数値からもわかりますよね!

お顔の美しさだけではなく、肉体美まで!

お二人に世の女性が夢中になる理由がわかりますよね。

東京オリンピックで、橋岡優輝選手の肉体美を見るのを今から楽しみにしている世の女性はたくさんいるはずです。

ちらりとでも、腹筋のシックスパックを拝むべく、テレビに張り付きたいと思います笑

橋岡優輝はイケメン走り幅跳び選手で話題!いとこも五輪出場!

さて、イケメン走り幅跳び選手で話題の橋岡優輝選手ですが、なんとすごいことに、いとこも東京オリンピックに出場することが決まっています。

それは、サッカーU-24(24歳以下)日本代表の橋岡 大樹選手です。

橋岡優輝のいとこは浦和レッズの橋岡 大樹。サッカーで五輪出場!

橋岡優輝選手のいとこ浦和レッズ27番 DF橋岡 大樹(はしおか だいき)選手です。

2021年1月からサッカーベルギー1部リーグ「STVV(シント=トロイデンVV)」に期限付き移籍をしています。

東京オリンピックのサッカーU-24(24歳以下)日本代表のメンバー18人にDFとして選出。

橋岡優輝選手が1つ学年が上にはなりますが、同い年の“いとこ”なのです!

下記の橋岡優輝選手のプロフィールでもご紹介しますが、橋岡優輝選手のご両親、親戚までが元一流選手として活躍していたアスリート一家。

橋岡 大樹さんのご両親も父親はドラフト候補、母親は陸上200mの中学記録保持者とスポーツで活躍されていたそうです!

名前橋岡 大樹(はしおか だいき)
生年月日1999年05月17日
出身地埼玉県さいたま市(浦和)
出身校埼玉県立志木高等学校
身長182 cm
体重73kg
ポジションDF
所属チームSTVV(シント=トロイデンVV)

橋岡優輝選手が走り幅跳びで、自己ベストで日本選手権優勝し、東京五輪代表に内定を報告した際のtwitterでも下記のようなやり取りがありました。

競技は違えど、普段から従兄弟として、アスリート仲間として仲良くしていることが伺えますね。

橋岡優輝と橋岡 大樹は似てる?

いとこ同士である、橋岡優輝さんと橋岡 大樹は似ているのでしょうか?

2人が並んでいる写真はこちら。

橋岡優輝_橋岡大樹

うーん、いとこで血は繋がっているのですが、似てはいないようですね。

タイプの異なるイケメン2人といった感じです。

これは、女性の中でも好みが分かれるところだと思います!

橋岡 大樹の兄もプロサッカー選手!

橋岡 大樹さんのお兄さん橋岡和樹(はしおか かずき)さんもまたプロサッカー選手です。

橋岡 大樹さんのお兄さんというと、橋岡優輝選手の同じくいとこに当たるわけです。

身体能力は遺伝するのだなあと、本当に驚きますよね。

シンガポールプレミアリーグ・アルビレックス新潟シンガポール所属するプロサッカー選手で、ポジションは弟の大樹さんと同じくDFです。

名前橋岡 和樹(はしおか かずき)
生年月日1997年1月20日
出身地埼玉県さいたま市(浦和)
出身校明治大学
身長175 cm
体重72kg
ポジションDF
所属チームシンガポールプレミアリーグ・アルビレックス新潟シンガポール

さすが、兄弟だけあって、橋岡 大樹さん、和樹さんは似ている気がします。

特にクールな目元がそっくりではないでしょうか?

橋岡優輝_橋岡大樹_橋岡和樹
画像引用元:橋岡優輝Instagram

こちらが2020年の1月1日に投稿された、いとこ3人で撮影された写真です。

それぞれがトップアスリートとして多忙であるために、なかなか普段は顔をあわせることができないようですが、仲睦まじい様子が伝わって来ますね!

橋岡優輝の両親(父・母)共に陸上の元日本記録保持者

橋岡優輝_家族写真
画像引用元:月刊陸上競技

橋岡優輝さんのいとこ(橋岡 大樹・和樹)一家がアスリート一家であることは上記にお伝えしましたが、なんとさらに驚くことに、橋岡優輝さん一家もまたアスリート一家です。

父・橋岡利行さんは棒高跳の元日本記録保持者

橋岡優輝さんのお父さんの橋岡利行さんですが、棒高跳の元日本記録保持者。

日本陸上競技選手権大会を7回制覇をしたほどの鉄人です!

橋岡利行さんの日本記録樹立の際の勇姿は下記に見ることができます!

両親から一番受け継いだものは「故障しづらい身体」

と橋岡優輝さんは話していますが、イケメン具合もどうやらお父様から引き継がれているようですね!

母・橋岡直美さんは陸上ので日本記録

橋岡優輝さんのお母さんの橋岡直美(旧姓は城島)さんですが、陸上の100メートルハードルでは全国高等学校総合体育大会(インターハイ)3連覇を成し遂げ、100メートルハードルと三段跳で当時の日本記録保持者でした!

ハードルと三段跳びの2種類の種目で日本記録を出すとは簡単にできることではありませんよね。

数々の記録が、インターネット上にも残っていますが、出身校の「埼玉栄高等学校」の女子陸上競技部のホームページにも輝かしい記録が記載されていました。

橋岡優輝_母親_陸上記録
画像引用元:埼玉栄高校

創部の1984年から立て続けにインターハイ優勝を飾っているのが、まさに橋岡優輝さんのお母さんの直美さんです!

橋岡優輝さんに兄弟はいる?

橋岡優輝さんに兄弟はいません。

お父さん・お母さん・優輝さんの3人家族です。

家族仲はとても良いようで、なんとお家トレーニングでは両親をおんぶしてスクワットをしてるとも話しています!

また、2018年に『上田晋也の日本メダル話』(日本テレビ)に出演した際には、

「ここまで育ててくれた両親に必ず(メダル)をかけたい」

と語っています!

もう、親としたらこの言葉だけで泣けてしまいますよね。

橋岡優輝の出身校(中学・高校・大学)や経歴まとめ

橋岡優輝選手は、ご両親が陸上のトップアスリートだったにも関わらず、走り幅跳びの競技を始めたのは中学2年生からになります。

橋岡優輝は「さいたま市立岸中学校」出身

陸上自体を始めたのは中学1年の時。

意外にも遅いスタートですよね。

部活に入らなければいけない中学で、両親が陸上をやっていたのは知っていたので、「自分もやってみようかな」と興味本位で始めたそうです。

それまでは、お遊び程度にサッカーや野球をやっていたそうです。

陸上競技の種目の遍歴

  • 中学1年生:100m走
  • 中学2年生〜3年:四種競技

四種競技は、110mハードル、砲丸投、走高跳、400m走の4種類だったようです。

2年生の秋の新人大会で3位、中3の春先に標準記録を突破して、全日中へ出場し全国3位に入賞を果たしました!

初めての全国大会出場について

楽しかったです。

今もそうですが、自分は昔からあまり緊張しないタイプ。

なので、全く緊張することもなく、ただ、楽しみました。

引用元:日本陸上競技連盟公式サイト

と語ります。

大舞台でも緊張せずに、楽しめるのは、競技をする上でもとても有利となるでしょう。

橋岡優輝選手は、恵まれた身体だけでなく、精神面にも強さの秘訣があるようですね!

橋岡優輝は「八王子高等学校」出身

橋岡優輝選手は八王子高等学校へと進学します。

どうして、実家から遠い「八王子高等学校」を選んだのでしょうか?

もともと興味のあった走幅跳をやるために、叔父の渡邉大輔が顧問を務める八王子高等学校に進学

橋岡優輝選手はお母さんの直美さんが走幅跳をやっていたこともあり、走り幅跳びに興味を持っていたそうです。

走り幅跳びに本格的に取り組むために八王子高等学校を選んだのです。

顧問は渡邉大輔さん。

お母さんの妹の夫で、橋岡優輝選手にとっては叔父さんになります。

橋岡優輝_叔父_オリンピア

走り幅跳びでは高校記録を出し、シドニーオリンピックに走り幅跳びの選手として出場したこともある選手です。

高校2年の冬からは、「ダイヤモンドアスリート」に認定され、強化選手となりました。

メモ

ダイヤモンドアスリートとは、日本陸連が行う2020東京オリンピックやその先の国際大会での活躍が大いに期待できる次世代の競技者を強化育成するプログラムのこと。

高校2年の時に、既に世界で活躍が期待される走り幅跳びの選手となっていたということですね!

叔父である渡辺大輔さんの指導のもと、高校3年生の時には、「高校3冠」を達成!

  • インターハイ
  • 国民体育大会
  • 日本ジュニア陸上競技選手権大会

走り幅跳びを始めてたった3年で全国制覇を3つも成し遂げるとは、その才能に叔父さんの渡辺大輔さんもさぞ驚いたことでしょう。

橋岡優輝は「日本大学」出身

八王子高等学校卒業後は、日本大学に入学します。

走り幅跳びの日本記録を持つ森長正樹コーチの指導を受けながら、着実に成長。

主な大学時の記録は以下のとおり。

年次大会名順位記録
1年次2017年日本選手権優勝8m05(+1.4)
2年次2018年世界U20陸上競技選手権大会
2018年日本選手権
金メダル
優勝
8m03
8m09(+1.2)
3年次2019年世界陸上ドーハ大会
2019年日本選手権
8位(日本人史上初の世界陸上入賞)
優勝
7m97(-0.2)
7m98
4年次セイコーGGP東京
第89回日本学生陸上競技対校選手権大会
優勝
優勝
7m96(-0.1)
8m29(向かい風0.6m)

富士通に入社

大学卒業後、2021年に富士通に入社しています。

2021年6月27日に行われた日本選手権で、8m36(+0.6)という自己ベストを記録し優勝!

東京五輪代表に内定しました!

橋岡優輝(イケメン走り幅跳び選手)プロフィール

名前橋岡優輝(はしおか ゆうき)
生年月日1999年01月23日
出身地埼玉県さいたま市(浦和)
身長183cm
体重77kg
所属富士通
自己ベスト8m36(2021年7月上旬現在)

スポンサーリンク

-陸上

© 2021 kitto Powered by AFFINGER5