enhypenエンハイプン_地図炎上

kpop

エンハイプン|地図から日本を消した?炎上の経緯や世間の声まとめ【ENHYPEN】

スポンサーリンク

BTSの弟分、韓国アイドルグループ『ENHYPENエンハイプン・エナイプン)』が、2021年5月28日に発表した公式グッズの世界地図から『日本が消されている』と炎上しています。

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』といえば、2021年7月発売のシングル『BORDER:儚い』で日本デビューも決定しています。

世界地図から日本が消されているという『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』のグッズの画像や、修正後の画像、地図から日本が消えていた理由などを深堀していきたいと思います。

スポンサーリンク

エンハイプン|地図から日本を消した?炎上の経緯【ENHYPEN】

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』は2021年5月28日に初の映像作品DVD『2021 ENHYPEN FANMEETING「EN-CONNECT」』発売を告知。

enhypenエンハイプン_地図炎上
画像引用元:ENHYPEN公式サイト

そのDVDの特典グッズの1つ、メンバーのパスポート風グッズ世界地図の中から日本が消されている!と炎上しました。

世界地図から日本を消したグッズ画像|エンハイプン(ENHYPEN)

enhypenエンハイプン_地図炎上_パスポート
画像引用元:ENHYPEN公式サイト

世界地図の中から日本が消されている!と炎上したメンバーのパスポート風グッズ画像はこちら。

そもそも日本が真ん中にない地図かつ画像が小さいのでわかりづらいのですが、確かに世界地図にもかかわらず日本列島がありませんよね?

わかりやすいように、画像を拡大して色味を調整した画像がこちら。

enhypenエンハイプン_地図炎上
画像引用元:ENHYPEN公式サイト

この地図の部分が、DVDリリース発表の3時間後には何事もなかったように書き換えられていました。

enhypenエンハイプン_地図炎上
画像引用元:ENHYPEN公式サイト

私が見つけたtwitterでの書き込みで、世界地図に日本がないことに最も早く気づいたと思われる人は、こちら。

もっと早い方もいらっしゃるかもしれませんが、発表から30分ちょっとで気付けたのはすごいことですね!

地図から日本を消した?炎上の経緯|エンハイプン【ENHYPEN】

2021年5月28日 12:00『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』公式がDVDリリースを発表
2021年5月28日 15:30頃『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』公式サイトで日本入りの地図のデータに差し替え
2021年5月28日 21:45頃?『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』公式サイトに謝罪文掲載

DVDリリース発表時には、世界地図から日本が消えたデータの画像がサイトにアップされていました。

何時に炎上に気づいた?のかは不明ですが、リリース発表から三時間後には日本が追加された世界地図に書き換えられていました。

画像のファイル名は「210528_enhypen_pack_re_5cc6ff247a9d3de4d79e45645de1fabe.jpg」となっており、新しい画像に差し替えられた模様。

何事もなかったように書き換えていたことが、さらなる炎上を招きました。

そして、画像の差し替えから約7時間後にやっと公式サイトに謝罪文が掲載されました。

画像の差し替えまでは、たった3時間で対応ができたのに、謝罪文掲載はリリース発表から約10時間経っていました。

謝罪文を用意するのに時間がかかったのかもしれませんが、それにしても画像を何事もなかったように修正をして、その何時間も後に謝罪するとはあまり気持ちのよい対応でないことは確かですよね。

グッズの地図を修正も謝罪はなし?

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』日本公式サイトで、謝罪文が掲載されたものの、twitterなど公式のSNSでの謝罪はありませんでした

エンハイプン(ENHYPEN)公式サイトで謝罪

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』の日本公式サイトにひっそりと掲載された謝罪文はコチラ。

「ENHYPEN FANMEETING [EN-CONNECT] DVD」商品の販売イメージ内の地図の誤りに関して申し上げます。

本日の午後12時に公開された「ENHYPEN FANMEETING [EN-CONNECT] DVD」商品の販売イメージ(パックショット)に、誤った地図が使用されました。

そのことを認識し次第 、すぐに訂正させていただきましたが、理由を問わず、誤った地図画像が短時間でも公開されたことは、BELIFT LABとHYBE360の責任です。

当該地図により不快な思いをされたENGENEの皆様に心よりお詫び申し上げます。

再発防止のため、その経緯を把握した結果、デザイン担当者が「World map」というキーワードで画像を検索しダウンロード(https://pixabay.com/vectors/world-map-earth-global-continents-306338/)した後、当該地図に誤りがあることを確認できず、使用したことが分かりました。

使用前に、事前に検討したり、制作過程で修正されるべきでしたが、不手際がございました。

販売イメージのアップロード直後、誤りがあることを確認し、午後の3時頃、正常イメージバージョンをアップデートいたしました。

また、当該構成品 (PASSPORT)は、正常な画像を適用し制作される予定です。

制作および内部の検討過程で事前に誤りを発見できなかったことを、深くお詫び申し上げます。

今後、地図画像の使用においてより細心の注意を払い、徹底した確認を行う所存です。

今回の件でご迷惑をおかけしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。

引用元:エンハイプン(ENHYPEN)公式サイト

謝罪文での説明を読むと、今回世界地図に日本がなかったのは、デザイン担当者の責任とのこと。。。

どこかで聞いたことのあるような内容ですね。

DVDの発売決定は、twitterでの告知もあっただけに、SNSでの謝罪がないことに不誠実だと感じる方も多かった様子。

地図の修正謝罪文の追加も、なんの告知もないままに行われたため、ファンの気持ちが置き去りになった形です。

毎週月曜にニッポン放送の番組「ENHYPENのオールナイトニッポンX」を担当している『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』

果たして、ラジオ内での生謝罪はあるのでしょうか?

今回の世界地図から日本が消されている問題は、『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』メンバーが関わっているとは考えにくいですよね。

この問題とは全く関係ない『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』メンバー達が、この日韓問題にまで発展しそうな事態の謝罪を行うと考えると、メンバーも今回の被害者なのではないかと思ってしまいます。

グッズに使用された世界地図の元データ

enhypenエンハイプン_地図炎上
画像引用元:pixabay

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』のグッズに使用された世界地図の元データは恐らくこちらです。

謝罪文にあった通り、「pixabay」のサイトで、「World map」というキーワードかつ「ベクター画像」で検索すると上位に該当の地図が出てくることは確かです。

enhypenエンハイプン_地図炎上
pixabay

検索キーワードが本当に「World map」であったかはさておき、日本向けのグッズデザインを作るときに、自国韓国や日本の位置を確認しないのでしょうか?

そもそも、デザイン会社であれば、ネットのデータを拝借しなくとも世界地図のデータくらい持っているのではないかと疑問に思ってしまいます。

下請けのせいにするのは、準備されていたシナリオ通りのことなのでしょうか、、、

エンハイプン(ENHYPEN)の地図問題の炎上が収まらない理由

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』の日本公式サイトに謝罪文が掲載されたものの、ネットでの炎上は『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』のファン以外も巻き込み続いているようです。

その理由をまとめました。

韓国が地図から日本を消すのは初めてではない

炎上が続く大きな理由の1つとして考えられるのが、韓国が地図から日本を消すのは初めてではないということ。

「韓国が地図から日本を消した」という話は、どこかで聞いたことがありますよね?

2018年平昌五輪(オリンピック)の組織委員会の公式ホームページ(HP)に掲載された世界地図から日本列島が消し去られ、7カ月も放置されていた。

という事実は大きな問題となりました。

日本政府からの抗議を受け、地図を修正したと言われた平昌五輪サイトですが、日本語版以外では日本列島がない地図のままだったとの話も、、、

今回の『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』のグッズの地図から日本が消されていた事実を受け、再度この事件が蒸し返されています。

また、韓流アイドルMVやグッズの地図に日本がない、という事態は今回が初めてではないからです。

GOT7

2014年に韓国の大手事務所JYPエンターテインメントからデビューした多国籍ヒップホップグループ、GOT7。

2018年のワールドツアーの世界地図から日本が消されていたことが問題になりました。

韓国地図_日本が消えている

東方神起

日本でもファンが多いことで知られているSMエンターテイメントのボーカルユニット東方神起

東方神起_韓国地図_日本が消えている

「Love Line」のMVの2分23秒あたりに出てくる、テレビ画面の世界地図の部分に、当初日本がありませんでした。

SMエンターテイメントはこの事態を受け、このミュージックビデオのCG制作を担当した制作会社の編集過程にミスがあったことを認め、謝罪をしています。

Red Velvet

東方神起と同じSMエンターテイメントのガールズグループのRed Velvet

韓国_日本差別

こちらは、地図の問題ではありませんが、2014年ミュージックビデオの一場面に、第2次世界大戦中に広島に原爆が投下されたことを報じる英字新聞などが使われていたとして、場面が一部差し替えられたことがありました。

デビュー曲「Happiness」の0分34秒あたりに出てくる、左下に見えてる英字新聞部分です。

当初は

  • 「JAPS HIT BY ATMIC BOMB EQUAL TO 20000 TOWN…」
  • 「GPEATER ATOM BOMBS PROMISED JAPS」
  • 「ALLIES TELL JAPS HIROHITO MUSTOBEY OUR…」

など1945年8月6日の広島原爆投下や、日本の敗戦を伝える見出しばかりだったことが問題になりました。

また、コラージュされていた紙面で「JAPS」という日本人を侮蔑する言葉が書かれていますが、実際にアメリカで発行された新聞には書かれていないという指摘もありました。

指摘を受けて、SMエンターテイメントは

単にコラージュのイメージソースを使ったもので、何の意図がなかった。

と謝罪。

MVの該当部分は差し替えられています。

エンハイプン(ENHYPEN)メンバーに日本人のNIKIがいる

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』メンバーには、2021年5月現在15歳の日本人・NIKI(ニキ)がいます。

メンバーに日本人が選ばれている、という事実から反日感情とは無縁のものと安心していたファンも多かった模様。

それだけに、今回の反日とも言える行動にショックは大きかったのではないでしょうか。

エンハイプン(ENHYPEN)内でのNIKIへの差別も問題に

またお伝えした通り、『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』メンバーには、日本人・NIKI(ニキ)がいる訳ですが、以前より差別を受けているのではないかと心配されていました。

今回の地図問題を受け、更にNIKIへの差別が問題視される事態になっています。

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』メンバーのNIKI(ニキ)さんがグループ内で差別を受けているのではないかという指摘が上がっているのはこちらです。

オーディション映像の編集

韓国発のアイドルサバイバル番組『I-LAND(アイランド)』に参加してデビューを勝ち取ったNIKI(ニキ)さん。

『I-LAND(アイランド)』では、映像の編集の仕方に悪意があったとされ、悪魔の編集と言われていました。

日本人メンバー特にNIKI(ニキ)さんが地雷メンバーとして悪者扱いされる事態に。

『I-LAND(アイランド)』は通常のオーディション番組と違い、参加メンバー全員で全てを決定します。

NIKI(ニキ)さんは、脱落者を指名しなければならないシーンで、支持していたタキくんを脱落指名しました。

実際は脱落指名をする前に、NIKI(ニキ)さんはタキさんに脱落者として指名することを伝えていました。

niki_悪意_編集_差別

ですが、編集では2人が仲良くしているシーンから、すぐに脱落者選択のシーンに切り替えられており、NIKI(ニキ)さんが腹黒い印象に思えるような仕上がりになってしまっていました。

FNS歌謡祭などでのカメラワーク

また、2020年12月2日に放送された『FNS歌謡祭』では、日本の歌番組なのにも関わらず、NIKI(ニキ)さんをあまり映さなかったことも、ファンの中で問題視されていました。

『FNS歌謡祭』は日本の歌番組なのに何故なのでしょうか?

それは、コロナ渦で韓国から日本への移動が難しかったこともあり、映像が韓国で撮られたものだったからでした。

エンハイプン(ENHYPEN)は2021年7月に日本デビューを控えている

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』は2021年7月6日にデビュー・シングル『BORDER : 儚い』で日本デビューを果たします。

ニッポン放送「ENHYPENのオールナイトニッポンX(クロス)」では、海外アーティストとして初めてパーソナリティを務めています。

日本デビューを控え、テレビや雑誌にと露出を増やしていた大事な時期に起きた、日韓関係を揺るがすような事態。

『ENHYPEN(エンハイプン・エナイプン)』メンバーにとっても、応援してきたファンにとっても、今回の地図事件はただただ残念な出来事だったに違いありません。

地図から日本を消した?世間の声まとめ|エンハイプン【ENHYPEN】

スポンサーリンク

-kpop

© 2021 kitto Powered by AFFINGER5